メタボ



Sponsored links

メタボ と ダイエットドリンク の関係

メタボにダイエットドリンクは効くのでしょうか?

 ダイエットドリンクと言えば…、ローカロリーがうたい文句。

 そのダイエットトドリンクが心臓疾患を招く危険性は、炭酸飲料とあまり変わらないという驚きの研究結果がハーバード大学医学部の研究チームによって米医学雑誌Circulationに発表されたそうですexclamation×2exclamation×2


 研究チームが中年の男女約6000人の健康状態を4年間追跡調査した結果、ダイエットソフトドリンクを毎日飲んだグループは、ダイエットタイプではない炭酸飲料をたまに飲んだグループよりもメタボリック症候群になるリスクが高いという意外な結果が出た。

ということですが、
毎日、飲めば、そりゃ、まずいでしょ。あせあせ(飛び散る汗)



 具体的には、

 ■ 肥満になる確率が31%、

 ■ 胴囲が増える確率が30%、

 ■ HDL(善玉)コレステロールが減る確率が32%、

 ■ さらに中性脂肪が高くなるリスクが25%、

それぞれ高かったという。

 研究を行った同大医学部のRavi Dhingra博士は、「ソフトドリンクは、カロリーが高い甘い食品を摂取したくなるよう人の味覚をコントロールするのではないか」と分析した。

 なお、別の複数の研究では、ソフトドリンクに含まれるカラメルが糖尿病を誘発する複合糖類を生成するという可能性が指摘されている。

 研究では、ダイエットタイプであるかどうかにかかわらず炭酸飲料を毎日1本以上飲み続けたグループは、メタボリック症候群になるリスクが50-60%も高くなるという結果も出たが、ダイエット炭酸飲料がリスクを高める原因は不明だとしている。

 メタボリック症候群の研究はこれからですが、
毎日、飲んでりゃ、そら、まずいです。

 ただ、味覚が変わって、甘いものや、脂っこいものが食べたくなるというのは、分かる気がします。。。

 まあ、ダイエットそして、健康をめざしての日々です。

AFPBBニュース参照

メタボ検診

生活習慣病を予防するために平成20年度から始まる「特定健康診査」と「特定保健指導」で、新たに最大2800億円超の医療市場が生まれることが、日本政策投資銀行の分析でわかった。exclamation×2


 特定健診・保健指導は、国のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策の柱として、企業の健康保険組合や国民健康保険を運営する市区町村などに採用が義務づけられる。健診、指導費はかかるものの、医療費の3分の1を占める糖尿病など生活習慣病を予防して、結果的に、将来の医療費を抑制する取り組みらしい。晴れ



政投銀は「経営難の医療機関が収益態勢を改善するチャンスにもなる」と注目しており、この分野に参入を検討する病院などへの支援を強化していく方針だそうですね。
ダッシュ(走り出すさま)

yahooニュースより


メタボ対策

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。